行政書士伊東事務所と表示した画像

古物商(古物市場主)の義務

行政書士伊東事務所(東京都立川市)

【電話】

・メールによるご相談(無料)お見積りは

「お問い合わせメール」(こちら)から


古物商許可申請の代行をうけたまわっております。詳細は、お問い合わせください。

・古物商許可の 料金・費用

古物商営業の際の遵守事項

行商、競り売りの際の許可証の携帯

古物商は、行商をし、又は競り売りをするときは、許可証を携帯していなければならないとされています(古物営業法第11条)。

行商とは、本来の営業所を離れて取引を行う営業をいいます。古物市場(いちば)での売買や訪問セールスはこの行商に当たります。また、公衆が往来する場所に設けられた仮設の店舗(露店)での営業も行商になります。

これら「行商」の際は、許可証を携帯しておこないます。従業員が行商を行うには「行商従業者証」を携帯しておこないます。

標識(プレート)の掲示

古物営業法は「古物商又は古物市場主は、それぞれ営業所若しくは仮設店舗又は古物市場ごとに、公衆の見やすい場所に、国家公安委員会規則で定める様式の標識を掲示しなければならない。」と定めています(第12条第1項)。

許可を得ないで古物営業を行う者を排除するために、標識の掲示がもとめられています。

標識は、次の画像のように作成します。また、注記のような仕様が定められています(古物営業法施行規則別記様式第13号)。

古物商の営業の標識

  • (1) 材質は、金属・プラスチック・これと同程度の耐久性を有するもの。
  • (2) 色は、紺色地に白文字とします。
  • (3) 大きさは横16センチメートル、縦8センチメートです。
  • (4) 「自動車商」「道具商」のほか「美術品商」「時計・宝飾品商」「オートバイ商」「自転車商」「事務機器商」「機械工具商」「皮革・ゴム製品商」「チケット商」と表示します。2以上の区分の古物を取扱う場合は、主として取扱う古物についてのみ表示します。

ホームページに表示

また、古物商は、インターネットホームページ利用による方法を用いて取引をしようとするときは、その取り扱う古物に関する事項と共に、その氏名又は名称、許可をした公安委員会の名称及び許可証の番号をそのホームページに表示し公衆の閲覧に供しなければならないと定められています(第12条第2項)。

つまり、古物商は、インターネットを利用する方法で古物の取引をしようとするときは、その氏名(名称)、公安委員会の名称及び許可証の番号をそのホームページに表示します。複数の公安委員会から営業許可を受けているときはそのすべての公安委員会の名称・許可証の番号を表示しなければなりません。

表示の方法は、全ページに表示することなくトップページのみに表示する方法で可とされています。また、トップページの「古物営業法に基づく表示」にリンクを設定する表示方法でもよいとされています。