行政書士伊東事務所と表示した画像

分骨について

改葬 代行 行政書士伊東事務所(東京都立川市)

【電話】

・メールによるご相談(無料)・お見積りは

「お問い合わせメール」(こちら)から


改葬 墓じまい 代行「料金 費用」


改葬(墓じまい)の代行をうけたまわっております(全国対応)。

詳細はお問い合わせください。

分骨とは遺骨の一部を移すこと

遺骨の全部をほかのお墓に移す場合は改葬になりますが、分骨は、遺骨の一部を別のお墓などに移すことです。

改葬と分骨の違い

遺骨の全部をほかのお墓に移す場合は「改葬」ですが、遺骨の一部をほかのお墓などに移すのは「分骨」になります。 「改葬」の場合は市町村長の許可が必要ですが、「分骨」においては市町村長の許可は不要です。「分骨」の場合は、お墓の管理者が発行する分骨証明書のみで、別のお墓への埋葬ができます。

どんな場合に分骨が行われるのでしょうか

どんな場合に分骨が必要とされるのでしょうか。

  • (a) 自分が建立したお墓に親の遺骨を納骨したい。
  • (b) 実家の菩提寺の墓地にも納骨したい。
  • (c) 菩提寺と本山の双方に納骨したい。
  • (d) 故人が望んでいた樹木葬(あるいは散骨)をしたい。
  • (e) 一部を自宅に安置して手元供養としたい。

などの理由で分骨が行われます。

分骨の手続きを定めた規定「施行規則」第5条

分骨について次のように定められています。

墓地、埋葬等に関する法律施行規則

第5条

  • 墓地等の管理者は、他の墓地等に焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者の請求があったときは、その焼骨の埋蔵又は収蔵の事実を証する書類を、これに交付しなければならない。
  • 焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者は、墓地等の管理者に、前項に規定する書類を提出しなければならない。
  • 前2項の規定は、火葬場の管理者について準用する。この場合において、第1項中「他の墓地等」とあるのは「墓地等」と、「埋蔵又は収蔵」とあるのは「火葬」と読み替えるものとする。

分骨証明書と火葬証明書

上の施行規則第5条で、分骨の手続きについて

  • (a) 墓地にある遺骨を分骨をする場合と
  • (b) 火葬場で分骨をする場合

の2態様を定めています。前者では「分骨証明書」、後者では「火葬証明書」となります。

(a) お墓(お寺)にある遺骨を分骨をする場合は分骨証明書

遺骨がお墓に埋葬されている場合(納骨施設に収蔵されている場合)に、分骨により遺骨の一部をほかのお墓に移すときは、その管理者から分骨証明書の交付を受けます。

「分骨証明書」のことを法の規定では「遺骨の埋蔵の事実を証する書類」といっています。分骨証明書の交付の請求があったときは、墓地の管理者はそれを「交付しなければならない」と定められています。

分骨証明書の例です。

分骨証明について、必ず上のように記述しなければならないわけではありませんが、改葬許可の申請の際に記載される事項と同じ事項を記載するのが法の趣旨に適するものと思いますので、上記のような書式になります。

分骨証明書の請求に関しては、分骨先のお墓の使用権限を証する書類の提出を求められることがあります。 また、埋葬されている遺骨をお墓から取り出すには「魂抜き(閉眼供養)」の法要を要する場合があります。

分骨先のお墓に納骨埋葬

そして、分骨先のお墓の管理者にその分骨証明書を提出して、遺骨を埋葬(埋蔵・収蔵)します。

(b) 火葬場で分骨をする場合は火葬証明書(分骨)の発行申請を

火葬のときに分骨

施行規則第5条第3項を読み替えて表示すると

「火葬場の管理者は、墓地等に焼骨の分骨を埋蔵しまたはその収蔵を委託しようとする者の請求があったときは、その焼骨の火葬の事実を証する書類をこれに交付しなければならない」となります。

すなわち、火葬の際に(事前に)複数の骨壺を用意し分骨し、その証明書を請求します。

これに対して、火葬場の管理者が「火葬の事実を証する書類」(火葬証明書)を発行します(これも「分骨証明書」と称されることがあります。)。

「本骨」については「火葬許可書」が交付され、「分骨」の方には「火葬証明書(分骨証明書)」が付与されるという形になります。

お墓への納骨の際に、本骨については「火葬許可書」を、分骨については「火葬証明書(分骨証明書)」をそれぞれの墓地の管理者に提出します。