行政書士伊東事務所と表示した画像

お墓(墓地)使用権の承継

行政書士伊東事務所(東京都立川市)

【電話】

・メールによるご相談(無料)・お見積りは

「お問い合わせメール」(こちら)から


・改葬(墓じまい)代行 料金 費用


改葬(墓じまい)の代行をうけたまわっております(全国対応)。

詳細はお問い合わせください。

お墓(墓地)の承継

お墓の承継とは、祭祀主宰者としてお墓など祭祀財産を受け継ぐことです。

墓地、墓石や仏壇、仏具など祖先を祀(まつ)るための財産を「祭祀財産」といいます。お墓などの祭祀財産の所有権は「祭祀を主宰すべき者(祭祀主宰者)」が承継します。

お墓などの祭祀用財産は相続の対象ではありませんので「お墓の相続」という言い方をしません。「お墓の承継」といっています。

祭祀財産の承継を定める民法897条

祭祀財産(墳墓・系譜・祭具など)の所有権の承継については民法897条が定めています。

  • 民法897条
    1. 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条(相続)の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
    2. 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。
    • このように、祭祀財産の所有権は「祭祀を主宰するべき者(祭祀主宰者)」が承継します。

      それではその「祭祀主宰者」はどのように決まるかといいますと

      • 第一に被相続人の指定により決まります。
      • 第二に指定がないときは慣習によって決めます。
      • 第三に指定もなく慣習も明かでないときは家庭裁判所の審判によります。

      以下この順に説明します。

      被相続人の指定

      第一に、お墓の権利者であった故人(被相続人といいます)が指定した祭祀主宰者がお墓の権利を承継します(民法897条1項但書)。

      指定の方法は「生前の指定」あるいは「遺言による指定」のどちらも可能です。

      祭祀主宰者であるための資格要件はありませんので、相続人以外の者や親族以外の者を指定してもよいことになっています。

      慣習による決定

      第二に、被相続人による指定がない場合には、慣習に従って祭祀主宰者を決め、その者がお墓の承継者となります。

      慣習とは,社会生活の中で通用しているしきたりのことをいいます。

      長男なので祭祀主宰者になるというのはひとつの慣習です。

      次男が実家の家業を継いだという場合は、その次男が祭祀主宰者(祭祀承継者)になるというのも慣習といえるでしょう。

      相続人の合意により承継者を決めることができるでしょうか。

      相続人の合意により祭祀主宰者(祭祀承継者)を決めることができるかについて、民法は何もいっていませんので、家庭裁判所の調停によるべきものでしょう。しかし、相続人の合意による指定もそのような慣習があるといえなくもありません。

      家庭裁判所の指定による承継

      被相続人の指定がなく、慣習も明らかでないときには、配偶者や子どもが家庭裁判所に調停や審判の申立をして、家庭裁判所が定めます。

      祭祀主宰者のおこなう祭祀は、故人(死者)に対する感謝と敬愛の心情によりなされるべきものですので、このような心情を強くもつ者が祭祀主宰者として選ばれるべきだと思います。

      裁判所の見解として、「指定にあたっては、承継者と被相続人との身分関係のほか、過去の生活関係及び生活感情の緊密度、承継者の祭祀主宰の意思や能力、利害関係人の意見等諸般の事情を総合して判断する」としています(大阪高裁決定)。

      祭祀の承継と墓地使用契約上の地位の承継

      法的には祭祀承継者の資格に制限がありませんので、親族関係にない者が承継してもかまわないお墓ですが、墓地使用規則によって、承継者を相続人や親族に限定しているところが多くあります。

      墓地使用規則による承継者の資格の限定

      お墓は、墓地使用契約によりその土地を使用するものです。この墓地使用契約上の地位の承継には原則として、墓地管理者の承諾を要します(債権契約)。 このことは、たとえば「寺の墓地使用簿への登録によって墓地使用権者となる」のように、墓地使用規則にうたわれています。

      檀家としての地位の承継

      また、承継したお墓が、寺院墓地であるなら檀家としての義務も原則として、承継します。

      寺院墓地の使用規則には、通常、墓地使用者は檀家でなければならないと定められています。 そうしますと、他宗派の人が承継者になるのは非常に困難なことになります。

      承継者が檀家として扱われると、以後お寺の維持管理の費用などを負担しなければなりません。 このような法律関係がありますので、祭祀承継者となったら、まず、墓地使用規則の確認が必要になります。

      お墓を承継すると(寺院墓地の承継)

      寺院墓地のお墓を承継すると、次のような負担を引き継ぎます。

      • ・墓地の管理料の支払い
      • ・先祖の法要を営むこと
      • ・檀家としての負担、寺院の行事への参加、寺院経営維持のための寄進など