行政書士伊東事務所と表示した画像

相続Ⅱ祭祀財産法務

改葬(墓じまい)廃墓 お墓の処分 移転の代行

行政書士伊東事務所(東京都立川市)

【電話】

・メールによるご相談(無料)・お見積りは

「お問い合わせメール」(こちら)から


改葬 墓じまい 代行「料金 費用」


改葬(墓じまい)手続の代行をうけたまわっております(全国対応)。

詳細につきましてはメール・電話にてお問い合わせください。

改葬(かいそう)とは

改葬(かいそう)とは、墓地に埋葬されている遺骨を、他のお墓(納骨堂)に移すことです。 「お墓の移転」つまり「お墓の引っ越し」ですが「墓じまい」「廃墓」ともいわれます。 改葬の手続きは「墓地埋葬等に関する法律」に定められています。

改葬は墓地使用契約の解除(使用権放棄)をともなう

改葬手続きは、法的には墓地使用契約の解除(使用権の放棄)をともなうものです。

お墓に埋葬されている遺骨を全部取り出して他に移すと、そのお墓は空(カラ)の状態になりますが、そのままですと、お寺との関係は続きお墓の管理料は発生します。

墓地使用契約の解除(使用権の放棄)と、墓石等を処分し整地(原状回復)をして、お墓をお寺(墓地所有者)に返還することになります。

お寺との関係は「墓地使用契約」のほかに「檀徒加入契約」も通常存在しますのでそれも解約することになります。いわゆる「離壇」です。

お寺と改葬の話合いをしたい どのように話を進めればよいか

改葬の理由として次のようなものがあげられます。

  • ・ お墓まで遠距離で、墓参ができず心苦しい。
  • ・ 高齢となり体の自由がきかずお墓参りができなく心理的に負担になっている。
  • ・ お墓の維持管理の経済的な面で余裕がなくお寺に迷惑をかけている。
  • ・ お墓を継承することのできる子供がいないのでお墓を処分したい。

親族は反対しているが勝手に改葬しても問題ないか

法律上は、祭祀承継者(墓の使用者)は、墓を自由に処分することができます。 したがって、祭祀承継者がその意思で処分した行為について法的責任が生ずるものではありません。

しかし、お墓は家制度と密接な関係がありますので、お墓の移転・整理・処分は他の親族にも影響がでることもあります。 お墓の処分は、あらかじめ家族やその他の親族の納得を得ておくのがよいと思います。

別ページでも述べていますが、お寺には、これまで先祖供養につとめていただいたお礼を申し上げ、どうしても移転しなければならないという思いを伝えます。誠意をもって話し合いをつづけます。

改葬許可申請書はどこへ提出するか

改葬の許可権限は、遺骨の埋蔵されている土地の市町村長が有していますので、これに対して改葬許可申請を行います。 役所の戸籍係が担当している場合が多いです。

改葬許可の申請をするに際して必要な書類は

改葬の許可に要する書類は、通常の場合「改葬許可申請書」とその添付書類として「受入証明書」「埋蔵証明書」等が必要となります。

「受入れ証明書」

受入証明書は、移転先の墓地についてその使用権限があることの証明です。移転先の墓地の管理者が発行します。 永代使用許可証や墓地使用許可証そのものも受入証明書となります。

「埋蔵証明書」

「埋葬証明書」は、墓地の管理者(お寺)が作成する故人の埋葬(埋蔵・収蔵)の事実を証する書面です。 遺骨として埋蔵されている者の氏名等が不明の場合に「不詳」と記して認められるのが通常ですが、古い戸籍を調べなければならないこともあります。

離檀料

檀家からの離脱(離檀)の際に支払う金銭を離壇料といっています。お寺との法的関係は、「檀徒加入契約」および「墓地使用契約」という2種の契約関係にあります。 改葬の手続は、通常、「墓地使用契約」の解除のほかに「檀徒加入契約」の解除を前提にしています。

離檀料というのは、この檀徒加入契約の解除に関して授受される金銭債権ということになります。ただ、この金銭債権に基づく請求権は、一般的にいって法的に根拠がありません。

閉眼供養とは 閉眼供養のお布施の金額は

閉眼供養

閉眼供養(閉眼法要)とは、墓に入った仏様の魂を抜くための供養です。 遺骨をお墓(墓石)から取り出す前にこの法要をとりおこないます。閉眼法要をおこなった墓石は、仏塔としての意味はなくなり、普通の石に戻ります。

閉眼供養のお布施の金額

  • 寺院墓地の場合(閉眼供養のお布施その他の謝礼) 30,000円~200,000円
  • 公営墓地・霊園墓地の場合(閉眼供養のお布施) 30,000円~50,000円

寺院墓地の閉眼供養では、これまでの祖先供養に対するお礼の趣旨も込めて金額を決める場合が多いです。 公営墓地(霊園墓地)では墓地までの交通費など込みとするかどうか。

移転先の新しい墓地に提出する書類は何か

移転先の墓地の管理者には「遺骨」のほかに「改葬許可書」を提出します。 移転先が新しいお墓の場合、仏式では開眼法要と納骨法要をおこなって納骨します。

墓石の処分費・お墓の整地の工事費用について

お墓の墓石を撤去処分して整地をする工事は、地元の専門工事業者に依頼します。 お寺の墓地では専属の業者が決まっている場合があります。

工事の費用は地域によって異なります。工事費は、1m2あたり10万円から15万円ほどと説明しています。 (3.3m2(1坪)のお墓では33万円~50万円になります。)

工事代金には、墓石の廃棄処分費用を含みます。

工事業者は、2者見積もり(合い見積もり)をとって決定します。

お墓の地形によっては小型重機やトラックの乗入れができない場合があり、この場合は作業員の増員の費用などが加算されます。

当行政書士事務所に依頼した場合の料金

代行料金

下記は、当行政書士事務所へのご依頼の場合の個別の料金の額です。

一括でのご依頼の場合は、必要ではない手続きあるいは重複する手続きがございますので、それらは除外して計算いたします。したがいまして、以下のすべての合計額が依頼の費用料金の額となるわけではありません。

当行政書士事務所(改葬手続代行)費用料金(概算)
(1) 墓地管理者(お寺)への申し入れ・挨拶と交渉35,000円
(2) 受入証明書の取得
 ご遺骨の移転先となる墓地・納骨堂の用意が必要です。
20,000円
(3) 改葬許可申請(改葬許可の取得)52,000円
(4) 工事手配・工事立合い・墓の返還手続30,000円
(5) 閉眼供養参列立ち合い20,000円
(6) ご遺骨の取り出し・乾燥・指定場所へのお届け (*)25,000円
(*) 3体以上の取出しお届けは1体につき8,000円加算になります。
(*) 洗骨および遺骨の細粒化は別料金です。
(*) 遺骨の一部のみを必要とされる場合、残部の遺骨は散骨による葬送が可能です。散骨は別料金になります。お問い合わせください。
(7) 旅費(実費)および宿泊費(実費)
(8) 除籍・改製原戸籍の謄本を要する場合(1通)2,500円+市町村手数料
お布施(閉眼供養)
閉眼供養のお布施の金額(寺院墓地)30,000円~200,000円
閉眼供養お布施(公営墓地・霊園墓地)30,000円~50,000円
石工事費用(石材店)
お墓の整地工事・墓石処分費用1m2あたり10万円から15万円
(3.3m2で33万円~50万円)